討鬼伝極-銃ろぐ-

討鬼伝極の銃について書いていくブログです。

もしも討鬼伝3(仮)が出たら

討鬼伝2の銃の仕様があまりにも変わりすぎていて、極で銃を極めた人の多くが(たぶん)2で脱落してしまいました。
2には2の良さがあるとは思いますが、もし次回作があるなら極の仕様に寄せた調整をしてほしいなあ、と思います。

今回はそんな銃の仕様に関する妄想を書いていきます。
興味ない方はここでお戻りください。






まず、銃のそれぞれの弾種と攻撃方法に意味を持たせたいなーと思います。
プレイヤーの戦い方にそれぞれ合った弾種が選択できるように特徴付けし、効率だけでない色んな楽しみ方が出来るというのを方針とします。

■銃全体の仕様変更
基本的な操作性は2のものを踏襲します。
□で通常弾、○で霊弾、△でリロード、□+×で擲弾となります。
また2で登場した一括リロードやリロード射撃、弾種送りも継続して採用します。

擲弾の吸着をデフォルト状態では「なし」に統一し、設定で吸着ありに変更することができるようにします。
また同じく任務出撃時に最初にリロードしている弾種を銃ごとに設定することが出来るようにします。
これは銃の装備画面から設定に飛べるようにします。

■弾種ごとの調整
狙撃弾
・霊弾の溜めを削除
・通常ダメージを低下、霊脈ヒット時のダメージを増加
 非常に不評だった霊弾の溜めを削除。
 また、霊脈以外に当たった場合のダメージを低下し、その代わりに霊脈ヒット時のダメージを増加します。
 霊脈を狙う=狙撃する特性を全面に出す調整で、霊脈を狙い続けることが出来れば、全弾種中最高の火力を誇るようにします。

貫通弾
・擲弾爆破の性能を極の仕様にする
 貫通弾は特に変更なしです。
 吸着させるかさせないかを選べるようになるのが大きな変更なので弄る必要はあまりないかと。
 擲弾爆破の性能が極に戻り、それによって火力も増えました。
 吸着させる場合、複数箇所に貼り付けて撃ち抜く弓の印爆に近い立ち回りになりそうです。 

散弾
・鬼を押す力を弱くする
・擲弾を吸着させた部位を攻撃した場合、擲弾を爆発させるようにする
・最大溜め霊弾で擲弾を爆発させた場合のみ確定怯みするように
 押す力を弱くします。また、吸着での擲弾爆破がしやすくなり通常弾で戦いやすくします。
 擲弾を最大溜め霊弾で爆発させた場合のみ、怯みが発生するようにしました。
 鬼のどこにでもカスれば怯みという事はなくなり、擲弾を投げる工程も増えたため、位置調整の妙が生まれるかと思います。

爆発弾
・鬼を押す力を弱くする。
・通常弾、霊弾の爆風の攻撃属性を無に変更、ダメージを増加
・霊弾の溜め、発射時の反動、撃ち終わり時の立ち上がりを削除
 狙撃弾とは対照的に「霊脈のない部位を破壊しやすくなる」調整をします。
 爆風の攻撃属性が擲弾含め全て「無」になったことで、他の弾種に比べ突耐性の部位にダメージを与えやすくなります。
 霊弾の溜め、発射時の反動、撃ち終わり時の立ち上がりがなくなり、連続して撃ち込むことが出来るようになります。

吸引弾
・霊脈ヒット時のダメージ倍率を大きく上昇
・霊弾の吸引ダメージに属性、状態異常ダメージが乗るように
・擲弾爆破の斥力場に鬼の一部の遠距離攻撃を打ち消す効果を追加
 霊脈ダメージを増加することで、狙って撃つ意味を持たせました。
 また斥力場に鬼の遠距離攻撃(突風や岩石飛ばしなどの射撃のみ。落雷などのサーチ攻撃は不可)を打ち消す効果を追加し、様々な使い方が出来るようになりました。
 霊弾の吸引ダメージに属性や状態異常攻撃力が乗ることで、それらのスキルと併用しやすくなります。

時限弾
・霊脈優先ヒットを復活
・溜めるほど弾速が上がり、爆発までの時間が短くなるように
・溜め中の気力消費をゼロにし、発射時に溜め段階に応じて気力消費するように
 爆発した時の霊脈優先ヒットを復活させます。
 また、溜めるほど弾速が増加し、爆発までの時間が短くなるようにします。
 爆発弾と違い、触れても爆発しない代わりに火力的には上回ります。
 そのため爆発する距離を覚えて立ち回る必要があり、偏差射撃などのテクニックを使いこなす面白さが生まれるかと思います。

霊弾に溜めがない弾種:狙撃弾、爆発弾
霊弾に溜めがある弾種:貫通弾、散弾、吸引弾、時限弾

■専用スキルの調整
・霊脈注射
霊脈に与えるダメージを増加 → 霊脈にヒットした時の会心の発生率を増加

会心の発生率を増加させることで、各種会心系スキルと組み合わせやすくします。
ただダメージを上げるより様々な恩恵があると思った故の変更です。
属性武器でも会心を活かしやすくなるので、英霊の激励などを積みやすくなるかと。

・臨戦態勢
射撃構え中、移動速度を増加 → 射撃構え中の移動速度、溜め速度、擲弾の投擲モーション速度を増加

2ではバグなのか行動速度も上がっていました。
これを移動速度、溜め速度、投擲速度を強化するスキルに生まれ変わらせます。
溜め弾や擲弾爆破の使い勝手をよくするスキルとなります。

・装填数+2、装填速度上昇 → 装填能力強化(仮)

2つのスキルを1つにまとめます。
更に一括装填時の気力消費を軽減し、発射後のボルトアクションの速度も上昇します。
これにより、連射感覚が早まり隙を軽減するようになります。

・愛の射撃手
味方を攻撃すると体力を回復 → 体力と気力を回復、回復量低下
 体力に加え気力も回復するようになりましたが、その代わり回復量はやや低下しました。

弾種ごとのオススメスキル
霊脈注射:狙撃弾、貫通弾、吸引弾
臨戦態勢:貫通弾、散弾、吸引弾、時限弾
装填能力強化:狙撃弾、爆発弾、散弾
愛の射撃手:爆発弾、時限弾

どの弾種にも適正スキルが2つずつある事になります。
霊脈を積極的に狙う弾種は霊脈注射、擲弾爆破や溜めを主軸とする弾種は臨戦態勢、
溜めずに即座に攻撃したい弾種は装填能力強化、攻撃範囲の広い弾種は愛の射撃手、という感じで選出しています。
それぞれの弾種の攻撃方法やスタイルによって欲しいスキルがうまく分かれているかと。



割と今回は本気で考えましたw
たぶん、こうはならないと思いますが、せっかく弾種がたくさんあるのに、使いにくい弾種があるのは残念ですよね。
もう少ししっかり差別化して欲しかった。あと狙撃霊弾の溜めも無くして欲しかったw

という次回作への祈りも込めて、今回はここで終わります。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

はじめに

このブログは討鬼伝極の銃について書いていくブログです。
ミタマ構成や対鬼、基本的な立ち回り、TIPS的なものなどを中心に取り上げます。
タイムアタックやソロプレイ、その他縛りプレイといった事に関してはあまり取り上げるつもりはありません。
知識面での集積、銃についての理解を深める事が目的であり、初心者~中級者を対象とした内容となるかと思われます。